★まんしょんで行こう!

マンションに住むまでアーンド住んでからの怒涛の日々?!
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
テーブルを置くのか否か
そして、またやってきた、この時期が。

「1年で一番部屋がキレイになる」

……そう、家庭訪問である。ひゃーーー!

だが、今の住まいのよいところは、間取りが独立している分隠すところがたくさんある、ということ。
前は、部屋と部屋が直に隣り合わせになっていて、荷物やらとりあえずかたしておきたいものとかを隠すのが大変だったからなあ。

さて。
うちのリビングにはテーブルがない。
こたつもない。

こたつがないのは、自分がそこから動かなくなるからだ。
「こたつむり」とはよく言ったものだと思う。
学生時代は、部屋の真ん中にこたつがあったが、自分の座っているところから手の届く放射線状にプリントとか教科書とかが積んであった(爆)。
あるいは、こたつの上が物置になること必至。

この法則が、リビングのテーブルにも当てはまる。
物置になること、間違いない。
相方が言うには、


「リビングにテーブルは必要ない! 邪魔!」


ソファがあるのにゴロゴロしたい相方なので、テーブルは場所を取るだけ、という意識があるらしい。

まあ、確かにそうなんだよなあ。
人が来たときにだけ、困るのだ。>テーブルなし
そう、お茶を置く場所がない!


家庭訪問では、飲まれないとわかっているお茶を出す、という慣習がある。
(悪しき慣習だなあ、と思う)
かといって、ソファに隣り合って座るというのも変だ。
さらに、テーブルを鋏まずに差し向かいに正座、という状況もつらい。
なので、やっぱりたとえしょぼくても、テーブルが必要なのだ!

かつて、センターテーブル計画も密かに持っていたのだが、却下され続けてきた。
家具屋をぶらぶらしてみても、「コレ!」というのに巡り会えないせいもある。
足を折りたためるタイプは便利だが、いかにもーというものも多く、かっちりしたテーブルでは、でかすぎたり色がイマイチだったり高かったりするのだ。

これまでは、ン年モノの折りたたみ式簡易テーブルを使っていた。
センセをお迎えするリビングの真ん中に、折りたたみ式テーブル。
……かなりしょぼい。
足は細い金属やつだし、しかも、テーブル表面は幼き日のお子さまがマジックでぐるぐる書きをしているので、テーブルクロスを掛けなければならない。
だけど、折りたたみテーブルにとってつけたようなテーブルクロス、これも何だかしょぼい……。

まあー、言ってみればただの見栄だよね。
しかも、ケチな見栄っ張りだから、ぐだぐだ悩むんだろうな。
どうでもいいことなのだ。たった数分のことだしー。
なのに、毎年同じこと言ってる;^^
さっさと、テーブルをひとつ買えば解決するではないか。

しかし、家庭訪問はあと数回しかない。うーむうーむ。
まあ、誰か来たときお茶できるし、いいか?
でも、あまり誰も来ないしなあ……。


………やっぱ買うかも(爆)。



| manbou | 家具インテリア・雑貨 | 09:49 | comments(9) | trackbacks(0) |
ゴミ箱に迷う
今さら!なんだけれども、ゴミ箱に迷っている。
リビングに置くためのゴミ箱だ。
現在、置いてあるゴミ箱は、なんと二次使用ともいえるもの。
キッチンのゴミ箱の中身を使用しているのだ。

わかりづらいので、もう少し説明してみる。
キッチンの隅っこには、足で踏んだらあくタイプ、いわゆるフツーの

「ゴミ箱ですよーっ!」

という感じのゴミ箱を置いている。
(何かしつこいな)
中に半分の大きさの細長い「中ゴミ箱」が入っているので、上から見ると2分割になる。分別し、しかも中ゴミ箱が取り出せて便利、というのがウリのようなのだが、これが思い切り使いづらい!
というわけで、中ゴミ箱を取り出して、リビングのゴミ箱にしてしまった。

これが、我が家のゴミの量にいちいち対応しきれない……。

細長いので、入れにくい。
細長いので、すぐいっぱいになる。
細長いので、一週間に二回の燃えるゴミの日までにあふれかえる。

……だったら、違うの買えよ!

という天の声が聞こえてきそうなので、アレコレ物色はしているのだが、なかなか「コレ!」というものがないのだ。

リビングだから、「いかにもゴミ箱なのよん」というのは避けたい。
だけど、今のゴミ箱よりは大きいのが欲しい。
できればゴミは隠したい。
要求多すぎ?

それなのに、リビング用のゴミ箱ときたら、見た目ばかりを考えてちっとも使えない!

ちっこいんだよ!(怒)

……怒ってどうする。

というわけで、現在目をつけているのが、トラッシュ缶タイプのオサレなものと、なんか公園に置いてあるゴミ箱みたいなトレリスチックなもの。
さて、どちらにするか。

♪どーれーにーしーよーうーかーなー
 てーんーのーかーみーさーまーのー いーうーとーおーり!
 ぷっとこいて ぷっとこいて ぷっぷっぷー
 かーきーのーたーね!

……あらっ?

こんなの、うちらへんだけ?(*≧∇≦)照
| manbou | 家具インテリア・雑貨 | 20:53 | comments(6) | trackbacks(0) |
ひっかけるやつ
あの、アミアミになっていて、服とか引っかけられるようになっている、間仕切りみたいなやつのこと、なんていうのだろうか。
まあ、「ひっかけるやつ」じゃないことは確かなんだけれども。

物欲月間1月に来たそいつは、中学生の部屋のもの。
何度も書いていてしつこいようだが、本当に心から部屋が散らかっている。
制服は脱いだらリビングに脱ぎっぱなし。
部屋に持っていけといったら、部屋の入り口付近に直置き。
せっかく部屋にクローゼットがあるのに、

クローゼットまで到達しないのだ。

小学生のほうは、部屋の入り口付近に、アパートで使っていた引っかけポール(という名前かどうかわからん)を置いているので、そこに制服や軽いカバンなどをかけることができる。
だが、実はこれは中学生にこそ必要なものだったのかもしれぬ。

しかし。
そーゆーポールを置く場所がない。
我が家は今のところ、部屋の扉を閉めないのが基本。
だが部屋は内開きだ。扉のある部分には、当然モノが置けない。

さあ、どうする?

……と考えたとき、相方が思いついたのが、前述の「引っかけるやつ」なのだ。
突っ張り式の、アミアミの間仕切りの細いやつを探した。
本棚の横の部分に取り付けて、そこに制服を引っかけ作戦。
部屋を入ったところだから、これならどうだ!……という感じである。

同時に机の横の瀕死のカラーボックスをどけ、上の空間も利用できるような棚も設置。さらに、空いた空間にもうひとつ本棚。
だって、本(含む教科書とノート、プリント)が床に置いてあるんだもん。
だが、意外と本棚のほうは手間取り、ふたつ合わせて組み立てるのに数時間かかった(相方が)。


のだめ部屋、(何度目かの)改造計画始動!

そういや、参観日、担任に断言されたっけ。

「部屋の汚い子は成績が伸びません」

……それはマズイ。まあもう後はほとんどないんだけどね?( ̄ー ̄)
まあでも、散らかってても士気には関係ないって子もいるだろうけれど。

というわけで。
改造計画執行の結果、

床に落ちているモノがちょびっと減った。

バンザーイ!\(^O^)/
(達成度低)

……できるだけ長いこと維持してくれること希望。
| manbou | 家具インテリア・雑貨 | 00:42 | comments(2) | trackbacks(0) |
ポリタンク収納庫も来た
物欲の月、続行中。

というわけで、先日から気になっていた、ベランダのポリタンク。
そのまま置いていると、実に無粋である。
しかも、ゴミ袋に入っているため、風でパサパサ五月蠅い。

なんで、赤とか青とかなんだろうねえ?

劇薬入り(灯油)だし、目立つためかなあ。

相方は、ポリタンクが収納できるグレー系の安い収納庫をイメージしていたみたいだけど、せっかく置くのだし、できればもうちっと何とかならんか……と通販雑誌を見る。
その結果、木でできた収納庫を発見。
引き出しのように、取っ手を持てばゴロゴロと引き出せるタイプだ。
うーん、だけどちょっと割高だなあ……。

というわけで、久しぶりにオークションに挑戦。
とは行っても、今回は競る相手もなし、そのまま落札価格だったのでラッキー。
そして、ものすごいでかい箱が、昨日無事に到着した。
組み立てずにすむのがありがたいぞ。

収納庫は無事にエアコンの横に設置。
うん、これなら邪魔にならないね。
上に植物とか置けそうだし……あ、風が強いからダメか。
でもこれでほんのちょっとだけ、ベランダがすっきりしたのだった。
その横のダンボールも何とかしたいな……。

(その前に、リビングの洗濯物の山を片付けろよ)
| manbou | 家具インテリア・雑貨 | 15:01 | comments(3) | trackbacks(0) |
1年たって気づいたこと
ブログのお友達のSOARさんが、引っ越しして1年以上たって、洗面台の蛇口がびよーーんと伸びるのに気づいた!という記事を書かれていたので、思い出した。

実は、我が家にも「1年たってようやく気づいたこと」がある。
それは……


ショッキー2号(食器洗い機)の下に、まるでワナのように



引き出しがもう1個あった!



普通気づくもの?(汗

というわけで、1年間、この比較的深めの引き出しは、引き出しと認識されていなかった。だって、ショッキーの下にあったら、そんなん機械が入ってるトコ、と思うやん?

現在は、有効利用されている。


スーパーの袋三角に折りたたみを収納!

この三角にキレイに折りたたむのが、なかなか難しいのである!
もちろん、折りたたみ係は手先が器用な相方でございます。
自分は面倒なので、くしゃっと丸めてつるした紙袋の中に突っ込んでおくのだが、たまにそれが減っていて、引き出しの中の三角が増えているのである。


ラ、ラリホー!\(^0^)/
| manbou | 家具インテリア・雑貨 | 22:05 | comments(5) | trackbacks(0) |
イルミネーター?
イルミネーションには、まったく興味がない。
というか、なんでそんなことにお金かけんねん、というのが本音だが、楽しむのは自由だし、いろいろな表現というものがあるだろうから、別にそれはそれでいいと思う。
ただ自分はしない、というだけのこと。

さて、先日夜に役員の仕事で出かけたとき。
日中なら通るが、夜にはまず通らないような住宅街を抜けていくのだが、イルミネーションがまさに花盛り。住宅街だと回りが静かで暗いので、かなり特殊な雰囲気がある。
こういうのって「競ってる」という感じがするのは自分だけ?
しかも、年々派手になっているような気がする……。

先日、ニュースで読んだが、こうしたイルミネーションの発祥の地である某住宅街、その住宅地の7割が「手作りルミナリエ」をしているとのこと。
そりゃ圧巻だろうな。
「やる」「やらない」という二極化が進んでいるそうだ。
うちはたぶん後者だと思うが、一戸建てではないので関係ない;^^
遠方からも車で見学にくる人が絶えないので、狭い住宅街が渋滞したり、見学者のゴミが庭先に放置されたりして困っているらしい。

うーん。
見せるためにするんちゃうの?とは思うけれど、ここまでヒートアップするとね。
電気代が、5万ぐらいはねあがったりするらしい。
一晩中つけてるから、バカにならないんだねえ……;;^^
電化住宅にしたほうがいいかも?

一緒に出かけた役員の友人が、見所な場所を回ってくれた。
うおおおお!
家の形にキラキラと電飾が張りめぐらされていて、それはそれはきらびやか。
屋根から庭にかけて、巨大なクリスマス・ツリーが青白く輝いている……。

発光ダイオード?

こんな風にイルミネーションを楽しむ人たちを、イルミネーターというらしい。
何やらシュワルツネッガー?
まあ、こんな風に、非日常的な空間を味わうのもたまにはいいのかも。
静けき、真夜中。


……いえ、私はやりませんけどね!(しつこい)







| manbou | 家具インテリア・雑貨 | 17:28 | comments(6) | trackbacks(0) |
う巻きタマゴちゃん、ケガをする
さて。我が家の小学生は、流行の最先端。
大流行中の胃腸炎にかかり、3日間学校を休んだ。そのうち、まる1日はまったく食わず飲まずだったので、1キロ痩せたらしい。
(ちょーーーっうらやましいっ)
何とか消化のよいものなら食べられるようになってきたので、本日は学校へ送り出した。
もちろん、給食の牛乳はまだ飲んじゃダメ!とかいう制限はあったが、何とかクリアして無事帰宅。体育は……やったのかな。

「遊びに行ってもいい?」

というので、

「病み上がりだから、ダメ!」

と断言。何度もゴネて、ついに

「えええーー、なんでぇーーー」

と制服のまま、ソファーに身体をこすりつけた瞬間。


びっ。

イヤな音がした。
制服の胸についていた、名札の校章だか安全ピンだかがひっかかったのだ。
慌てて見てみると……

う巻きタマゴちゃんが毛羽だってる! (T◇T)

……なんということでしょうー。
皮(合皮)なのに毛羽立つとは、相当の力じゃ。
(問題はそこではない)


「わざとじゃないもん」

「そうじゃなくて! そんなことはわかっとる!
(わざとだったらしばく)
 それより先に、言うことがあるやろ!」

「……ごめんなさい」

哀れ、う巻きタマゴちゃん。
まあ、こんなもんですよ、ええ。まだ1年目ですけどね。ええ(号泣)。

……シール貼るか?>激しく違

ちなみに、「う巻きタマゴちゃん」とは、もうおわかりと思うが我が家のソファの名前である。
こんな子ですじゃ。
| manbou | 家具インテリア・雑貨 | 16:31 | comments(4) | trackbacks(0) |
ベッド破壊計画、ミッション2。
前回、ベッド破壊計画について書いたのだが、まだ同じ月だというのに、ミッション2が勃発した。

娘が、

「おかーあーさぁーーーん」

と間延びした声で呼ぶときは、良くないお知らせの前兆であること間違いない。
部屋に行ってみると、案の定だ。
ベッド備え付けの引き出しが、破壊されている。
引き出しには両端にレールがついているのだが、それがぱっくりと片側だけ取れてしまったのだ。

どーゆー開け閉めしとんじゃワレ!(涙)

ぎゅうぎゅうに詰め込んでいるわけではなかったが、毎回毎回上から力がかかれば、そりゃあ木材も弱るってもんだ。

あー。やっぱし1年しかたっていないじゃないか!

しかし、工作やDIYのたぐいは、自分の苦手とする分野である。
これは、オトコの仕事だ。
というわけで、相方が帰宅するのを待って、見てもらった。

相方「あかんわ……」

あ、あかんのかいっ!(号泣)
うーん。どうしよう?

そ、そうだ、イイコト考えたっ!
その引き出しの四角い穴に合ったクリアケースを、買えばいいんじゃん!

そう提案してみると、相方が一言。

「ちゃんと長さ、計って買ってな」

うううううううう←言い返せない前科者
| manbou | 家具インテリア・雑貨 | 00:50 | comments(5) | trackbacks(0) |
表札のこと
ああ……せっかく10行以上書いてたのに、うっかり別のところをクリックして帳消しに……何度やって泣いても、また繰り返し同じことを。うっ。

というわけで、本日の話題は、表札。

我が家の玄関は、めっちゃ殺風景である。
外から見た場合だ。
まあ、マンションなんて、たいていはそんなもんなのかもしれない。一戸建てみたいに庭があるわけじゃないし、オサレなポストもないし、こびともいないし。

かつて、入居前のオプション会に行ったとき、その高さに目玉落ちそうになった。
カーテンだって、換気扇カバーだって、フローリングコートだって、ベランダタイルだって!
そして、その中に一応、表札もあったのだ。

考えてみれば、その時買っておけば、まんしょんのサイズにぴったりの表札が今頃掲示されていたはずだ。
実際、他の部屋に挨拶に行ったときに、どちらさんもたいてい、きちんとマンション用の表札を出しておられた。

がびーーーーーん!

でもでもでも。
我が家にも一応、ビンボなりのポリシーがある。

「わざわざ高いところで買わんでもええやん!」

という意見は非常に相方と一致していたので、カーテンも家具も照明もすべて、自分たちで安いところを探しまくって手配した。
表札だって、どこか別のところで探せばいいよん、とそのままにしていて、すでに1年を過ぎてしまったのだ(汗)。

かわりに、といっては何だが、前のアパートでも下げていた、自作のヘタクソなトールペイントの表札をぶら下げている。
どれぐらいヘタクソかと言うと……
それが初めてか2番目ぐらいに作った作品で、しかも

「下手すぎて(ローマ字)読めない」

まあいっか。遠くから見たらわからんし、雰囲気重視で。
他に表札ないし。
(買えよor作れよ)

本当は、ネットとかで売っているオサレな表札がほしい。
だけど、マンションの表札って、もしかして

ボンドで貼るのだろうか?

だったら、オサレな鉄製のとかガラス製のとか、ダメじゃんーーー。
ははははは。
実はわざわざ玄関を出て、メジャーで表札の幅を計るのがめんどくさい、っていうのが、もしかして一番ホントのところだったりして。
……表札ついたらお知らせします(爆)。

| manbou | 家具インテリア・雑貨 | 23:58 | comments(2) | trackbacks(0) |
カレンダーバトル
カレンダーにはこだわりたいのだ。
たとえ、それが某雑誌のオマケカレンダーだとしても、自分の好みに合えばそれでいい。
それから、かける場所だって、考えたい。

「もらったから、かけりゃーええ」

というのは、イ・ヤ・な・のッ!!!
使わんともったいない、なんて、小指の先ほどにも思ってない。
だって、タダだもん。

だから……

もらってきたカレンダーをこっそりかけんでくで!<切実

新聞社が配っている、1枚目に

「賀正」

と、おめでたい初日の出と門松の絵が描いてあるやつ!

「インテリアに合わないよう……(涙)」

と懇願して取り外してもらったら、電話の前の空間にバーーンと別のカレンダー。
ああ……職場で取ってる○クルトのオマケだね?
絵は可愛い、だけどだけど、これもインテリアに合わないんだよう(号泣)。

幸い、トイレへのカレンダー進出は阻止した。
以前のアパートでは、交通安全標語のカレンダーがぶら下がっていたけど、引っ越ししたら、今度こそ、オサレなトイレ空間にしたいと思ってますからーーー!
(絶叫)

というわけで、新しいカレンダーの季節がやってくる。

「ヘンなカレンダー阻止実行委員会」

をそろそろ立ち上げなくては!
| manbou | 家具インテリア・雑貨 | 17:21 | comments(3) | trackbacks(0) |

このページの先頭へ