★まんしょんで行こう!

マンションに住むまでアーンド住んでからの怒涛の日々?!
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
田植えの準備
「田舎暮らし」というカテを作ってしまった(笑)。
というわけで、相方実家(=田舎)へ田植えの準備に行ってきた。
ゴールデンウィーク中は、農家にとっては田植えの準備に忙しいのだ。

米作りは、まず「籾蒔き」から始まる。
四角い長方形のプレートのようなものに、まず籾をまんべんなく蒔く。
その上から、しゃかしゃか(ザルみたいなの)に土を入れて蒔く。
土は薄くまんべんなく行き渡らなければならない。

全部かけたら、こんな感じ。

籾巻き

写真、忙しくてこれしか撮れなかった(汗)

次に、この籾たちにシャワーでざぁーーーっと水をかける。
まんべんなく!水をかけたら、苗床に運ぶのだ。
運ぶのには、「ねこぐるま」を使う。
(義母は略して「ねこ」と呼ぶ)
……どうしても「ねこぐるま」というと、



「妖怪ねこぐるまー!」



というイメージなのだが、要は工事現場のおっちゃんが使うアレである。
それに、このプレートを重ねて置き、数十メートル離れた苗床の場所に運んで、きっちりと2枚ずつ並べるのだ。

この「運ぶ」作業が、かなりホネ。
積む人、運ぶ人、おろして並べる人、と自然に分担される(この中に小・中学生も含まれる)。
水を吸って重たくなったプレートは、全部で50枚ぐらいあるんじゃないだろうか。

2列に並べたプレートの上に、キラキラに光るシートをかける。
飛ばないように折り込んだら、次はこれを小さなビニールハウス仕立てにするため、骨組みとなる棒を丸く差し込む。
その上から、白い不透明のビニールをかけ、さらに細い骨組みで固定していくのだ。
ビニールが飛ばないように、おもりの鉄パイプを載せてから、横からもクワで土をかけていく。
こうして、小さな苗床ビニールハウスが出来上がるのである。

……大変なんだねえ、農家の人。
いや、ヒトゴトじゃないんだけどね;;;^^
それにしても……



ああー、腰にきた!(2日後)
| manbou | 田舎暮らし | 15:10 | comments(4) | trackbacks(0) |

このページの先頭へ