★まんしょんで行こう!

マンションに住むまでアーンド住んでからの怒涛の日々?!
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
体重計をしまう場所
それがね!

「体重計をしまう場所」

というオプションがあったのだ、実は。
びっくりー。

というのは、洗面所の引き出しの、一番下のところが薄ペロの引き出しになっていて、そこに体重計をしまえるようなオプション。
えーと、いくらだったかなあ……

体重計って普通、洗面所に置いてあるものなんだろうけれど、こういうのがあれば、すっきり収納!場所をとらないというわけ。

だが。

「収納したら、たぶんもう(体重計)使わないよね?」

という意見一致により、却下されたのであった。

そう、相方だって……
体重計が使われなくなることによって、妻が

プクプク街道まっしぐらー!

になるのも困るやろからな。
(被害妄想?)

いや……
体重計があったとしても、恐ろしくて乗れなかった正月明けの今日この頃。
だけど乗った。


ぎ……ぎゃあああああ!
(ムンク)


本日特売、体脂肪爆裂大サービス!

気のせいだよね…
これは、コンタクトを変えたせいだよね… orz
| manbou | オプション | 22:51 | comments(5) | trackbacks(0) |
床の色
マンションのオプションを選ぶにあたり、たぶんどこでも無料でいくつかの提案があると思う。
間取りの他の無料オプションは、以下の通りだった。

・床と建具の色(白っぽい・中ぐらい・茶色)
・キッチン扉の色(白っぽい・茶色・赤・青)
・お風呂の壁とか床の色(ベージュ系・グレイ系)
・トイレの便器の色(白・薄いベージュ・薄茶・薄ピンク)


お風呂やトイレはともかく、床の色は迷うところである。床の色によって、部屋の印象は大きく変わるからだ。

ちなみに、モデルルームは白っぽい色。
これが一番部屋を広くすっきりと見せると言われている。なるほど、家具などの通販雑誌などを見ても、けっこう白っぽい床でディスプレイされていることが多い。
逆に濃い色(茶色とか焦げ茶など)は、落ち着いた雰囲気に見える反面、部屋が狭めに見えるらしい。

自分が選んだのは「茶色」(笑)。茶色好きだし。
ってそれだけかい。

難しいのは、モデルルームと違う色を選んだ場合、やはり全体のイメージはつかみにくいということ。
モデルルームにも実際の床と建具(ドアだった)の展示はある。しかし、それが部屋全体になるとどうなるのか…これは、やはり実際に出来た部屋に入ってみて、初めて

「おー、こんなんやったんやー」

と思ったぐらいだ。
モデルルームとは全く違う(笑)当たり前やけど。
だが、茶色い床は温かい木の雰囲気を感じさせてくれて、自分としては気に入っている。カーテンの色とも相性が良い。
ただ、やっぱり…

「ホコリ、目立ちますから!」

白っぽい床に髪の毛が目立つように、まあ一長一短。

それにしても、フローリングってこんなにホコリたまるのか…(汗)
でも、前のアパートだって、同じぐらいは毎日たまってたんだろうな? 
ななななんと恐ろしや! 
掃除なんてあまりしてなかっただけに…考えるのはよそう。

■本日の極意■

部屋を広く見せたいなら白っぽい床を。落ち着いて見せたいなら濃い床を。ただし、掃除する苦労はそれぞれ同じ…


*------*

読んでくださってありがとう(^-^)クリックいただくと喜んで月見バーガー食べますっ
ブログランキングはこちら!








| manbou | オプション | 15:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
オプションの見積もりが再び来た
先日「却下の嵐」で作成した、オプション見積もり。
提出していたものが、再見積もりされて戻ってきた。

……ふぉおおおお。安くなってる。

当たり前や、どんだけケチってん。
というか、前回はよけいなものを見積もり過ぎていたのだけれど。

そしてさらに勢いケチろうとする自分だったのだが、相方の

「一生モンなんよ?」

といういさめの言葉に、ハタと我に返った。
そうか、一生モンなんだ……
ここを、見極めなければならない。
ケチったことで、一生後悔するのか。
ケチったことを、別の見返りで取り戻せるのか。
ケチったことは、本当に必要ないことで正しかったのか。
この線引きが、非常に非常に難しいのだ。

それはつまり、他のところに節約できた分を、どこに回すのか、ということ。
なんだかんだ言っても手続きにだって引越しにだって、家具にだってお金は必要なのだから。

というわけで、もうたぶんこれで、オプション見積もり決定!

| manbou | オプション | 01:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
オプションの見積もりが来た
今か今かと待ちくたびれた、有料オプションの見積もりがやっときた。
とにかく、申し込んだときは、
「テキトー」
で、そうはっきり詰めていたわけではなく、
「まあ見積もるだけやったらタダやし」
などというちゃらんぽらんな気持ちで、これはゼッタイいらんというもの以外は、見積もってみたのだ。

注意書きとかなんだかんだで結構書類も多い。
最後にその「オプション見積書」を見て……

相方も自分もぶっ飛んだ!!

……な、なんだとう???

○○まんえんを軽く超えているではないか…
(あまりの驚愕にひらがな)

なんでそんなん事前にわからへんかったって?
そりゃあ値段の書いていない「別途見積もり」という項目の不気味なものが多かったのだ。
わかってたら…見積もらないって…
たとえば、「浴室テレビ 15万円」とか最初から目もくれてないし。

しかし、ほとんど忘れかけていた内容をじっくり見た結果、トンデモなものもたくさん混じっていたことが判明。
たとえば…こんなやつ。
「ワイヤレスセキュリティーシステム」
当時説明を受けたけどもう忘れた。たぶん、どれぐらいかかるんか見たろー、てな感じで○をつけたに違いない。(自己分析)

というわけで、緊急会議の結果、半分以下になった。ヤレヤレ。
もうしばらくは書面のやりとりが続きそうだ。
| manbou | オプション | 23:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
オプション話。その2 間取り
最近は「SI」と呼ばれるマンションが増えてきているらしい。

「SI」=「スケルトン・インフィル」。

柱、梁、床のスラブなどの外の骨の部分と、中の内装部分を分けることによって、住む人間が比較的間取りを自由に考えることができる、というのが基本スタンスのようだ。
続きを読む >>
| manbou | オプション | 00:17 | comments(2) | trackbacks(0) |
オプション話。続その1・トイレ
さて、無料で選べるオプションの方だが、これは

「4種類の中から便器の色を選べる」

というものだ。
色の種類は、ホワイト・アイボリー・ピンク・ベージュ。
さて、どうするのか?
続きを読む >>
| manbou | オプション | 14:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
オプション話。その1・トイレ
さて、マンションの建築は全然進んでいないので、ちょっと話は戻ってオプションについて検証していこう。
(勝手に)

あらかじめ、オプションは業者の方から提示されている。
オプションの内容は業者によって様々で、「すごーい!」と思うようなスゴイオプションがあるかと思えば、「これ誰が使うねん?」という疑問なものもある。
標準装備か、無料オプションで選択できるのか、それとも有料のオプションか。
どれがどれかで、かなり金額も違ってくるのだ。

さて、第1回は「トイレ」である。
(これから続くんかいな)
続きを読む >>
| manbou | オプション | 19:41 | comments(2) | trackbacks(0) |
オプションの日 おまけ
契約の日も、オプションの打ち合わせの日も、あらかじめ担当メグミさんは電話を1本いれてきてくれていた。

オプションの前の日、電話を取ったのはたまたま小学生ムスコ。

「おかあさーん、明日6時でいいんだよねー?」
「ウンいいよ」

なにがや?確認せい、自分っ。
というか、「お母さんにかわってね」となぜ言わん?
しかも……確か5時と言ってたような気がするのだが。
ま、いっか?(なにがや)

当日の5時、15分前。メグミさんより電話。

「すすすみませんー!時間間違えました!5時でした!」

昼寝(夕方寝)していたので、慌てて飛び起きた。
ひーん!顔にカタがついてる!!

意外にそそっかしいメグミさんなのであった。
いい人なので、いいんだけれど。
| manbou | オプション | 15:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
オプションの日 その3
「あのう、防音はこれ以上プラスして施工できないでしょうか」

ぴ!とマサのマユゲが上がった。
しかし…引くわけにはいかない。
防音にこだわるのには、ワケがある。
続きを読む >>
| manbou | オプション | 19:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
オプションの日 その2
マサは仕事が早い。
(注:「マサ」とはオプション担当の人のこと)
超早口で、とにかくユンボのように進む。
続きを読む >>
| manbou | オプション | 14:13 | comments(0) | trackbacks(0) |

このページの先頭へ